高齢者にも便利な、おせち通販。一人前・二人前なども

おせち通販とは何か。
正月に食べるものといえば、言わずもがな、お雑煮、かまぼこ、もち、それになんといっても欠かせないのが、おせち料理である。
しかし、それらは昔から自分たちで作るものであった。
が、通販ということは、買ったということである。
ここでおせち通販とは何か今一度考えてみたいと思う。
近年高齢化社会でお年寄りが増えている。
そんな中一人でおせち料理を作るのは、重労働であろう。
そうした人たちは、カタログなででみて、おせち通販の存在をしり、おせち通販とは何かと思い、便利なものだと思い、一度使ってみる。
一時期ニュースになったように届かなかったり腐っていたら、やはり自分で作ろうと思うが、普通に届き、おいしかったら、来年も頼もうという気になるのかもしれない。
おせちといえば、栗きんとんや、伊達巻、昆布巻き、田作りなどいろいろあるが、それは掛詞のような意味がほとんどである。
昔は年神様などの神様にささげるという意味もあったのだろうけれど、最近はお正月も簡略化されつつある。
これは悲しいことなのかもしれないが、仕方の無いことなのかもしれない。
いや、むしろ悲しんではいけないのかもしれない。
日本はこういった年中行事を大切にするため、簡略化してでも、続けていくという姿勢がある。
つまり、できなくなったらやめるのではなく、行事の形を変えているのである。
現代ではこのような柔軟性のある姿勢や発想を大切にしていくべきだと思う。

カテゴリー: おせち料理のコラム タグ: , , , , , , , , , , パーマリンク

コメントは停止中です。